スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年この絵本!

これも確か去年やりましたが、2007年もやります!
絵本ランキングです!

2001年12月生まれ、現在6歳、年長さんの長女。
今年1年、反応が良かったもの、トップ10の発表です。

10位 14ひきのもちつき      いわむらかずお

    今年11月発売された、14ひきシリーズの最新作。
    実は、昨日購入したばかり(笑)。ものすご~く喜んでます!!

 9位 ちいさいおうち        バージニア・リー・バートン

    つい先日読んだばかりで、まだ絵本ナビに感想を書いてなかった!
    実は環境問題がテーマ?奥が深いです~~!大人もグッとくる絵本。
    おうちの「表情」に注目です!

 8位 マドレーヌのメルシーブック  ジョン・ベーメルマンス・マルシアーノ

    これは「マナーブック」です。大好きなマドレーヌと一緒に、
    マナーのお勉強ができるとあって、長女、大喜びです。
    作者は、ルドウィッヒ・ベーメルマンスの娘さんです。 

 7位 せんたくかあちゃん      さとうわきこ

    豪快な「かあちゃん」に、いつも大笑いです!
    続編「くもりのちはれ せんたくかあちゃん」もオススメです。

 6位 かいじゅうたちの いるところ モーリス・センダック

    何度読んだか分かりません(苦笑)。
    何が面白いか?って聞かれると、難しいんですが、子供はハマります。
    それが、モーリス・センダック作品のすごいところ!

 5位 まよなかの だいどころ    モーリス・センダック

    これも、何度読んだか分かりません(苦笑)。
    見事にツボにハマった1冊です。 

 4位 チキンスープ・ライスいり   モーリス・センダック

    購入して良かった1冊です。コンパクトサイズなのが嬉しい。
    何が面白いか?と聞かれると、本当に困るんですが、、、
    長女はゲラゲラ大笑い!!です。
    1月から12月までのお話です。

 3位 わたしの庭のバラの花    作/アーノルド・ローベル  
                  絵/アニタ・ローベル

    今年の夏、大ヒットした1冊。
    何度も図書館から借りてきました。
    表紙は、エレガントなバラの花。でも、内容は、、、
    大笑い!!の1冊です。
    ちなみに、作者のローベル、、、おふたりはご夫婦です。
    どちらも絵本作家ですが、この作品では、奥様が絵を担当してます。

 2位 おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん
    長谷川義史

    今年の秋、大ヒットしたのが長谷川義史さんの作品。
    親子でハマって、せっせと読破するきっかけとなったのがこれ。
    読み終わると、ものすごーく疲れる1冊です(苦笑)。
    ご先祖様のお話、自分とはどんな存在なのか、命の大切さ、、、
    笑えるけど、実は奥深い絵本です。

 1位 おへそのあな 長谷川義史

    これがダントツの1位です!
    長女は大笑い!洋梨は号泣!の1冊。
    まだ、お母さんのおなかの中にいる赤ちゃんが主人公。
    おへそのあなから、逆さまに、みんなを見てる、、、というお話です。
    絵本をひっくりかえしながら、楽しんで読みました。
    みんなが赤ちゃんの誕生を心待ちにしている様子が、あったかい。
    最後は、、、赤ちゃんから一言。

    「あした うまれて いくからね」

    泣ける~~~!!

他にも色々ありますが、2007年は、こんな絵本を読んで、
泣いたり、笑ったりでした。
この冬休みも、図書館に出没して、沢山の絵本と出会いたいと思ってます。

番外編では、、、洋梨がお気に入りの絵本を紹介します。

たいせつなこと 

アンナの 赤い オーバー

からすたろう

ラチと らいおん

いいこって どんなこ?

6わの からす

バカ受け!という絵本ではないので、長女のリアクションは今イチですが、
どれも、とっても大切なことが描かれている絵本です。

「たいせつなこと」は、まさにタイトルそのままですし。

「アンナの 赤い オーバー」は、戦争と、物資不足がテーマ。
物の豊かな時代に育った、私たち大人世代にもグッとくる絵本です。

「からすたろう」は、こんな先生がいてほしい!増えてほしい!というお話。

「ラチと らいおん」は、弱虫な子が、勇気と自信を持つお話。

「いいこって どんなこ?」は、無条件に人を愛することの大切さ、がテーマ。
これを読んで「グサッ!」と感じたあなたは、とっても正直な人です。

「6わの からす」は、けんかして、エスカレートして、、、
ひっこみがつかなくなった人たちの愚かさを描いてます。
どこかの国の大統領に、読んでもらいたい(苦笑)。

最後になりましたが、、、ラルクファン、洋梨オススメの絵本がこれ。

「てっちゃん けんちゃんと ゆきだるま」

てっちゃんがお兄ちゃん、けんちゃんが弟、ってことになってます(笑)。
存在は、ずっと前から知っていたのですが、なかなか絵本に出会えず、
今年の夏、家の近所の児童館で、偶然見つけました~~~!

関連記事

コメント

絵本か・・・
我が子にマメに絵本を買ってくれるのは、北海道のじーちゃんです
最近は、ひらがなの本なら自分で読むので助かってます。産まれたばかりの弟にも読んであげてます。
アニキとして頑張れ我が子よ
ダメな父です。

道立函館美術館で9月に行われた「世界の絵本作家展2」で
バージニア・リー・バートンの『ちいさいおうち』を読みましたよ。
母親でもある作家の優しさ&暖かさがあふれる本でした。
それにしても絵本ナビでの200をゆうに超える感想、すごいですね。

義弟クン、確かに絵本はお金がかかりますよね~!
買ってもらえるなんて、羨ましいです~~!
「ダメ父」だなんて、日々、頑張ってるじゃあありませんか!
たまには自分にもご褒美を、ですヨ。
「ちいさいおうち」たけさんも、美術館で手にとってたんですね~。
洋梨も大好きな絵本のひとつで、長女にはまだ早いかな?と
タイミングをはかっていた1冊です。
絵本ナビ、チェックして下さってありがとうございます。
これからもコツコツと沢山の絵本に出会っていきたいです。
Secret

プロフィール

洋梨(younashi474)

Author:洋梨(younashi474)
函館蔦屋書店とパン屋さんに出没しています。
洋梨こと茎沢直子(くきさわ)です。
2015.4.6ブログ更新終了しました。
今後はfacebookをメインに発信していきます。

2015年2月より、facebookグループ
パン屋さんめぐりの会HAKODATE(函館支部)の活動をスタートしました。
パン好きのみなさんと情報交換するのが何よりの楽しみです。

Twitterアカウントは @younashiです。
こちらは大好きな音楽(邦ロック)の話がメインです。

はてなブログで洋梨の函館生活3をはじめましたが
間違いなくゆるゆる更新です。
http://younashi474.hatenablog.com

カテゴリ

おすすめリンク

最新でもない(笑)記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。